乳頭保護器を使うときは

乳頭の形や赤ちゃんが授乳に慣れない時期

乳頭保護器を勧められることが有ります。

保護器を使うことで

場合によっては乳頭に傷がつきやすくなったり

乳頭刺激が起きづらく、母乳分泌が増加しずらかったり

効果的に赤ちゃんが飲みとりづらかったりすることもあります

 

また、乳頭保護器(ニップルシールド)に慣れると

なかなか直接授乳しづらかったり

保護器と直接母乳の乳頭混乱を起こすことも

病院では使い方は説明してくれるけれど、外し方まで聞けないこともありますね。

(だいたい外していきたくなるタイミングは退院してからなので)

 

 

必要な場面で使用し

徐々に直接授乳ができるようにしていくと授乳がぐんと楽になります。

扁平乳頭や陥没乳頭でも直接母乳はできます!

ご相談くださいね。

 

妊娠中からご心配な方はご相談に乗ることもできますよ~

 

cotocoto+(ことことぷらす)
ママケアサロン

HP:http://cotocotoplus.com/

Mail:mail@cotocotoplus.com

FBページ:https://www.facebook.com/cotocotoplus/

TEL:0466-52-5575

小田急線六会日大前駅より徒歩15分

駅より送迎いたします。

駐車場1台あり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です